人にとっての大切な拠点

人にとっての大切な拠点

日本の住宅建築の市場

日本の住まいにおいて重要な位置を占める建設業は、街の大工さんから始まり東証一部上場企業でビッグ4である大手ゼネコンまで、多種多様です。
積水ハウスの名前をご存知の方も多いでしょう。
全国規模で展開する住宅建設会社で、ハウスメーカーや住宅メーカーとの呼称もあります。
扱いは、一般の住宅ばかりでなく、集合住宅・高層ビルまで範囲がおよび、規模的に大きいです。
日本では主流の木造造りにおいて、同建築物の建築や修理を行う大工は、建築技術者である職人です。
ハウスメーカーと契約する大工や工務店の傘下で仕事を請け負う人に加えて、独立しながら自分で顧客から注文を取るケースなど色々あります。
住宅展示場に自社の建築物を明示するハウスメーカーは、複数の都道府県で営業活動し、住宅を建設します。
家を建てる時に実際に施工を行う業者が工務店です。
大工と共に工務店は、地域に密着する型が主でしょう。
馴染みのある大工の職長である棟梁の名前を聞かれた方も多いでしょう。
木造建築物の采配を任され、家づくりで重要な屋根の部材を墨付ける任務が棟梁であり、棟上げ式の親方です。
大工と並んで親近感もあり融通する業者である工務店には、地域密着型といっても名前に工務店を付けた大企業もあります。
建築・土木工事の請負・設計及び監理に限らず、土地の造成や住宅の建設及び不動産売買他多くの業務を持つ有名な名称をもつ工務店は、大阪に本店を構えて売上1兆円を越し、従業員数7000名余を有する大企業です。
上述の積水ハウスの売り上げ規模と引けを取らず、資本金は当社に及ばないものの500億円の規模です。
名称だけで規模の大小を測りきれない住宅建築は、種々雑多な建築業者が混在する市場でしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017人にとっての大切な拠点.All rights reserved.